point uraNews4VIPの人気エントリ

point スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

point 新ジャンル 「轢き逃げ」 このエントリーを含むはてなブックマーク

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/27(土) 21:23:34.47 ID:rv5pWec00
キキ~ッ!バゴンッ!!

女「やだ、嘘…」
男「うぅ・・・・・」
女「わ・・私は悪く無いんだから!アンタが飛び出してきたんだからねっ!」

ブゥン!ブゥーン…

男「・・・・・・・」
3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/27(土) 21:24:32.20 ID:QNoah5Sj0
今日友人が轢かれたから>>1が新鮮wwww
4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/27(土) 21:25:57.13 ID:aHjyrL4cO
>>1
マジで轢き逃げだけじゃんwwwwwwwwwうぇwwwうぇwwwwww
5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/27(土) 21:48:51.74 ID:gQxYItDv0
女「ほら、いつまで寝てんのよこのグータラニート!」
男「ん……」
女「もうこんな時間だってのに…あんた、今日も学校休む気? ほんとだらしないんだから…」
男「……お前に轢かれたせいでな」
女「な――っ!? だ、だからわざわざお見舞いに来てあげてるんじゃない!!」
女「私、勉強やら家事やらで本当は忙しいんだからね。あんたが入院なんてしなきゃ、誰がこんな…」
男「…お前に轢かれなきゃ」
女「――だから!!! 身の回りの世話もしてるじゃない! 朝早起きして通ってあげてるし、授業中も寂しくないようにメール打ってる!」
女「学校終わったら毎日顔見に来てるし、あんたが笑ってくれるまで下らないギャグ考えて……」
女「……こんな色々してあげてるのに、何が不満なのよ…………ばか」
男「ご、ごめん…」


男「でもそれって全部、お前が轢いたせいだよな」
女「だーーーかーーーらああーーーーー!!!!」
6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/27(土) 22:05:01.15 ID:rv5pWec00
>>5
スゲェwwwww
こんな展開になるとは思わなんだwwwwwwww
7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/27(土) 22:10:04.14 ID:Q7PxEZ/70
>>5
ちょっといい感じになった
8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/27(土) 22:27:21.36 ID:AQhc2cJS0
>>5がいいかんじwwwww
9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/27(土) 22:43:10.58 ID:gQxYItDv0
男「ほんっと、入院ってのは退屈だな…一日中ベッドの上でダラーっとしてちゃ、脳腐るよ」
男「色々規制されて不便だし……あ~あ、言うこと聞いてくれる小間使いでもいればなぁ」
女「…うるっさいわね。わかったわよ……何かして欲しい事でもあるわけ?」
男「キスして」
女「死ね!!」
男「駄目か? じゃあ…入院でムラムラしてるからしゃぶってくれ」
女「よけい難易度上がってるじゃない! こぉのど変態!!」
男「いた痛いっ、落ち着けよ」
女「絶対嫌だからね! 義理で嫌々面倒見てやってるっていうのに、その上何で嫌いな奴の恋人役まで…」
男「…俺がちゃんと登校できてたらなぁ……・今頃彼女できて、色々して貰えたかもしれないのになぁ…」
女「ふんっ……くっだらない妄想してんじゃないわよ」
男「…まあ、確かに妄想だわな。もう登校できないわけだし」
女「……」
男「いつもダチと『彼女できたら…』なんてアホ話ばっかしてたな……男二人で虚しくなるだけなのにさ」
男「つまらない授業受けたあとは、家に帰ってダラダラするだけで…」
男「本当、下らない毎日だった。」
女「……」
男「いざ無くなってみると、以外に寂しかったりするけどな」
女「ぁ…」
男「もう面会終わるぞ」
女「……」
女「…しても、いいよ」
男「え?」
10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/27(土) 22:45:59.74 ID:mebTEsHy0
ちょっと琴線に響いた
11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/27(土) 22:49:26.21 ID:2cQ4Mc2p0 BE:486281366-
ワッフルワッフル
12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/27(土) 22:49:33.42 ID:gQxYItDv0
女「だから、さっきのお願い…やってあげても、いい」
彼女の真っ赤に染まった顔を見るなり、俺はおもむろにズボンをパンツごと引き下ろした。
女「―――って、きゃあああああぁぁ!!!!? 何汚いもの見せてんのよ変態!!!」
男「しゃぶってくれるって…」
女「そっちじゃなくて!」
彼女は、つかつかと俺の目の前まで歩み寄ってくる。
鬼のような形相で、耳まで真っ赤で。
俺はというと、妙な期待に頭をやられ、緊張で身動きも一言すら発せられず、
彼女の迫る唇を、じっと見ている事しかできず…
ちゅっ。
男「……………・」
事が終わると、彼女はいそいそと帰り支度をはじめる。顔を見せないよう、後ろを向いたまま。
女「……はじめてだったんだから、ね………嫌いな奴とキスなんかしたの、絶対一生トラウマになっちゃう…」
女「だから、これでおあいこ……判ったら返事!!」
男「は、はい!」

(何なのよもう…っ、ちょっと轢いたくらいで、いつまでもグチグチと…!)
(毎日甲斐甲斐しく世話させて、休みの日まで頭ん中あいつの事で占領されて……・キスまで要求されて…)
(…もうやだっ、こんなの続けてたら……頭変になって、そのうち……・あのバカが……)
(そんなの駄目ぇ―――!!!)
14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/27(土) 22:50:25.51 ID:gNZl49oL0
何か轢かれるものがあるな
15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/27(土) 22:50:56.19 ID:r8A8SJm+0
>>14誰が上手いこと言えと
16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/27(土) 22:51:08.13 ID:2cQ4Mc2p0 BE:607851959-
おっきおっき
17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/27(土) 22:51:43.53 ID:dT9LZxmL0
これは・・・ドキムネ
18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/27(土) 22:53:41.01 ID:mIlfw5hi0
むしろムネドキ!
25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/27(土) 22:59:16.96 ID:pkml9zts0
何この予想外の圧倒的クオリティwwwwww
32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/27(土) 23:23:23.58 ID:gQxYItDv0
女「はい、今日の分のノート」
男「お、悪いな」
女「まったくよ。あんたに付きっきりなせいで、最近自由時間もろくに無いんだから…勘弁してってかんじ」
男「……そんなに苦痛か?」
女「あったり前じゃない。病人の世話なんか、誰が好きこのんでやるってのよ!」
男「………まあ、そりゃそうか」
女「だいたい、私今週テストあるのよ? ろくに勉強してないし…成績下がったらあんたのせいだからね!」
男「…じゃあ、もういいよ」
女「はいはい、どうせ私が轢いたせいですよ……………ぇ?」
男「テストがあるんだろ? さすがにそこまで負担かけられないよ」
女「ば――――」
女「バカいってんじゃないわよ。親ですらロクに見に来てくれないあんたが、あたし無しでどうやってやってくって…」
男「いや、看護婦さんがいるし」
女「そ、そりゃそうだけど!! ……あ~~もう、何だかな……」
男「何そわそわしてんだよ?」
女「してない! むしろウキウキよ!!」
女「でも、でも! ……看護婦じゃ、哀れなあんたがウサギみたく寂しくしてるのを……さ」
女「つっついて苛めて、構ってあげられないじゃん」
男「寂しくなるよ」
女「………ぁ」
男「でも負担になるなら、これ以上面倒かけられない」
男「お前さ、人のこと轢いたくせに態度悪かったり、色々むかついたりもしたけどさ…」
女「……」
男「やっぱ……なんていうか、その………憎めないし」
男「だから、今日で終わり」
36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/27(土) 23:24:20.10 ID:gQxYItDv0
女「…………そう。じゃあ、私がしたこと、もう許すんだ?」
男「ああ」
女「……良かった。じゃあもう晴れて自由の身ってわけね! あーせいせいした!」
女「今までバカの介護が負担で負担で肩こったーこれからは朝二度寝できるしノートも二人分取らなくてすむし」
女「放課後に毎日毎日薬臭い病院来なくて済むしあんたみたいな奴と無理して楽しそうに会話しなくて済むし」
女「もう―――私が轢いた被害者の顔見なくて済むしほんっと清々したわ―――」
男「今までありがとな」
女「このばかあぁ―――!!」
物凄い勢いでドアを閉めると、彼女は駆け足で去っていった。
入れ違いに、掛かり付けの看護婦さんが入ってくる。
「やあねえ、痴話喧嘩? あまり大声出さないでよね」
男「…すみません。今後はそういうの無くなると思いますんで」
「…そう。もう彼女泣かせちゃ駄目よ?」
男「え……」
38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/27(土) 23:25:26.05 ID:2cQ4Mc2p0 BE:864499788-
ワッフルワッフル
39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/27(土) 23:25:41.68 ID:mebTEsHy0
( ゚∀)キタ!!( ゚∀゚ )キタ━━━!!!
40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/27(土) 23:25:57.79 ID:pkml9zts0
さ あ 盛 り 上 が っ て ま い り ま し た

ガチで
53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/28(日) 00:04:22.29 ID:0AP1x+Gy0
お前ら全力でワッフルワッフルするんだ!!!
54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/28(日) 00:08:29.17 ID:hCeh7G5pO
ワッフゥーワッフゥー
55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/28(日) 00:08:40.63 ID:qWx5xYL+0
キキィィィーーーー・・・ドンッ!!

渡辺さん「あれれー?何か当たったよぉ?」
57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/28(日) 00:10:45.10 ID:hIBY0dbtO
>>55
ワロスwwwwww
58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/28(日) 00:10:47.62 ID:VbO1F6QT0
男「……ほんと、何もすることないな…」
親に放って置かれるのはいつものことだが、今までやかましかった奴が居ないと急に静かになってしまう。
男「今頃あいつ、テスト終わった頃か……性格悪いあいつのことだから、テスト点自慢しに来たりとか…」
消灯後の真っ暗な部屋。この時間に扉が開くことはない。
自分の家にいるのと同じだ。
(来るわけないだろ…バカ野郎)
自分で来るなと言った。事故の事も許すといった。
そうやって、自分から手放した癖に、何で――
(なんで後悔してんだ俺……情けねぇだろうがっ)
毎日顔見せに来てくれるのが、愚痴いいながらもちゃんと世話してくれるのが、
負担だなんて……例え冗談とわかっていても、聞き逃せなかった。
(だってよ……一日も欠かさず来てくれるんだぜ? 頼みもしないのに…)
(一日中、声聞かせてくれてさ……)

両親すら帰ってこない家で、一人無言で飯食ってた毎日よりも、あいつがいてくれた入院生活の方がずっと――
ずっと、暖かくて――
男「…もう一度会いてえよ…」
この一週間、ずっと心の奥で繰り返し叫んでいた言葉が口から漏れた。
「…ぷっ」
60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/28(日) 00:11:17.20 ID:VbO1F6QT0
誰かの笑い声。頭が混乱してるだけかと思った。
「ぷっ……はっ、ははは………笑かさないでよっ、居るのバレたらヤバいってのに……くくくっ」
扉が開く。笑いを堪えながら、彼女が入ってきた。
「………」
女「なにその惚けた顔、あたしが勉強漬けで必死こいてた一週間で、どんだけ怠惰な生活おくってきたんだか丸わかりね」
男「何で…」
女「じゃん! 見よこの高得点を。あんたというお荷物をしょいながら好成績を維持したあたしの優秀さを褒め称えなさい!」
男「何で来たんだよ」
女「だから、言ってるじゃない……テスト終わったから」
たったそれだけ。
怪我させたから仕方なくだとか、裁判官の心証を良くするためだとか、
いつものこじつけた理由じゃなく、理由なんかなく。
友達のような気軽さで、わざわざ看護婦の目を盗んで、この部屋まで来てくれたのだ。
たったそれだけの事で、
男「…………そうかよ」
俺を泣かせてしまうのだ、この女は…。
59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/28(日) 00:11:05.69 ID:sSbqfk7V0
ワッホーゥ! ワッホーゥ! ワワワワワァー!! マンマミーヤ!
62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/28(日) 00:12:04.69 ID:sSbqfk7V0
感動大作ktkr!!
80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/28(日) 00:41:50.53 ID:VbO1F6QT0
女「それで? 怪我はどう?」
男「なんだ、気になるのか」
女「当たり前でしょ……大部分はあんたの不注意が招いた結果だけど………多少はあたしのせいでもあるし」
男「だからさ、事故の事はもう許すって…」
ごんっと、彼女が突然俺のギブスをげんこつで殴る。
男「痛えぇぇ――っ!? な、何すんだよ!!!?」
女「別に…このまま普通に治っても面白くないし」
男「何だよそりゃ!!」
女「あんたが悪いんでしょうが」
男「何で――」
女「あんたが悪い。あんたがいつも通り、事故をネタに脅迫しとけば…」
男「…しとけば?」
女「………もっと早く、ここにこれたのに…」
男「……ぇ」
女「っていうか、テスト勉強だってここでできた訳だし、一週間もど変態バカに振られた事で頭悩ます事無かっただろうし…」
女「だからっ、………もうちょっとだけ、性格悪い変態野郎でいなさいよ……っ」
男「それって…」
女「ああもう!! いつまでイイコぶってんのよ!!!」
女「轢かれたんでしょ!? 後遺症残るくらいの怪我させられたんでしょ!! 」
女「なら被害者らしく、もっと……・もっと無茶な要求してきなさいよ!! このいくじなし!!!」
真っ赤になって、恥ずかしい台詞を叫ぶ彼女。
俺はというと……そんなこっぱずかしい台詞は耳から耳に抜けて…
81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/28(日) 00:42:12.69 ID:VbO1F6QT0
男「…………・こういしょう? ……後遺症? 誰が?」
女「あ、あんたに決まってんでしょうが……医者から聞いてないわけ? …って、あ!」
女「…これ秘密だったっけ……てへ♪」
男「………………………………」
男「……………く、くくくくくくく、くははははははははははははっ」
男「脱げ! 横になれ!! 俺の子を作れ!!! 」
女「きゃっ!? ちょ、ちょっと何す………やあぁ!? ちょ、ちょっと変なとこに指入れな…や、駄目ぇ!!パンツ返して!!!」
男「俺の人生台無しにしやがってええぇ……・・この糞女が俺のもんになれやあああぁ!!」
女「やあああぁ痛い痛いいたい!!! せめて優しく……んンっ! ひやああぁっっ!?」





女(ひっかかってやんの~~、ばぁーか♪
                        終
82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/28(日) 00:43:53.55 ID:sSbqfk7V0
感動した!
83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/28(日) 00:44:42.90 ID:sWUvqdaz0
うはwwwwww予想外の展開ktkrwwwwwww
感動した!
84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/28(日) 00:46:10.04 ID:S/sLJKzz0
>>81
想定外の展開www感動した。・゚・(ノД`)・゚・。
91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/28(日) 00:59:02.11 ID:I68IlVUa0
この手のスレで初めて心に響いた
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1148732614/

2006/05/28(日) 17:33:08 | VIP | トラックバック(0) | コメント(1)

point114: 名無し

テラがつくほどワロス

2006/06/04(日) 23:17:27 | URL | [ 編集]

pointコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

pointトラックバック

トラックバックURL
http://uranews4vip.blog61.fc2.com/tb.php/69-4fa19fbf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。